秋の空気が心地よい季節ですが、そろそろ来年4月の転職に向けて就活/転職活動が活発になってくる時期ですね。
例年、9月頃から年明けの1月頃までが4月転職に向けての活動がピークになるようですが、この時期はライバルも多く、油断禁物です。気になる病院に転職する気満々で面接を受けて、採用面接で落とされると言うパターンも珍しくないので、しっかり気を引き締めて就活に臨んでほしいと思います。

一昔前とは変って、看護師さんの就職も厳しくなりつつあります。
医療業界も量より質の時代。医者も看護師もセラピストも “質”(特に人間性)を重視される時代です。
これまで就職には困らないと言われてきた看護師さんですが、これからの時代、油断していると看護師でも就職難民になってしまいます。
「あの病院に転職しよう」と決めていた病院に面接で断られたら・・・、また次を探すのも大変です。一度断られたらどんどん自信を無くして行き悪循環に陥り、気付けば理想とかけ離れた病院に転職をしていたなんてことになりかねません。

転職で失敗しないよう、準備は早めに、そして焦らず慎重に、油断せずに学生時代の就活を思い出して気を引き締めて活動しましょう。

賢い転職のしかた、転職で失敗しないポイント

1.行動は早めに、決断は焦らず!

もたもたしていると採用枠はどんどん埋まっていきます。だからと言って焦って早まった決断はNGです。

来年4月から転職を考えているけど、今の病院で退職が受理されない引き止められて退職できないという方も多いと思いますが、それを待っていたらせっかくのチャンスを逃してしまいます。

今からでも遅くないので、まずは情報収集や病院見学だけでもOKです。直前になって焦らないように早めにアクションを起こしましょう。

次の病院で内定をもらってしまえば退職交渉も強気になれます。企業(病院)に労働者を拘束できる権利は無いので、しっかりと退職の意向を伝えて自分の意思を貫いてください。

▼ 関連記事 ▼

 

2.ネット上の情報に振り回されない!

最近の就職活動はやっぱりインターネットが便利ですよね。ちょっとグーグルさんで検索すれば、必要な情報がすぐに入手できてしまいます。

インターネットは便利な半面、情報の質が問われます。

その情報は本当に信頼できる情報ですか?そのサイトは安全なサイトですか?すごく古い情報じゃないですか?

特に2ch的なサイトにはネガティブな情報がいっぱい書き込まれています。自分が気になっていた病院の情報が2ch的サイトや口コミサイト等で悪く書かれていたら気になると思いますが、そう言ったサイトにはネガティブな人が集まってネガティブな情報を交換しているものです。

また、ネガティブな理由で辞めた人は、自分の行動を正当化するために前の職場の事を悪く言ったりするものです。そんなサイトの情報は真に受けずに、ちゃんと自分の目で見て・耳で聞いて判断するようにしましょう。

 

3.幅広く情報を集める!

昨今の転職活動においては、転職サイトを利用するのが一般的になっていますね。転職サイトには看護師を求める病院や企業の情報が集まり、転職を考えている看護師さんが多く集まる場です。正直、これが一番手っ取り早いです。

ただし、中には転職サイト(紹介会社)を利用していない病院も多くありますし、大手の紹介会社としかお付き合いしていない病院も多いです。ある転職サイトで募集が無いからといって、その病院が中途採用をしていないとは限らないわけです。

なので、転職サイトだけに頼らず、自分でも気になる病院のホームページ等をしっかりチェックしてチャンスを逃さないようにしましょう。

それから、新卒の就活で利用した就活サイト、覚えていますか?例えば、マイナビ看護学生ナース専科看護ナビ(キャリタス看護)等…。これらは、全国の主要な病院の採用情報がたくさん掲載されています。基本は新卒採用の情報ですが、エリアごとに病院検索できたり、教育体制や福利厚生の事なども詳しく載っていたりするので、病院探しにはすごく使えると思います。

そして、新卒採用を積極的に行なっている病院は、既卒者の中途採用も行なっていることが多いので、ホームページをチェックしてみたり、直接問い合わせてみても良いと思います。

▼ 関連記事 ▼

 

4.定期的に中途採用している病院がオススメ

4月にドーンと纏めて100人規模の採用している病院は要注意です。

もちろん病院の規模にもよりますが、一度にそれだけの人数を受け入れるとフォローに手が回らず、経験のある中途採用者は後回し=即戦力として自主的に動かざるを得なくなります

特に新卒の入職が多い病院では、そちらのフォローが優先となり、既卒者までプリセプターをつける余裕が無かったりします。

やはり、時期に関係なく定期的に中途採用で人員を補充し、4月入職についても一定数に留めて新卒+既卒でバランス良く採用している病院がオススメです。

 

5.4月入職に拘らない

場合によっては、4月は入職者が多くこれ以上受け入れできないと断られることがあります。また、配属希望もライバルが多く調整が難しくなります。

そんな場合はその病院への入職を諦めたり、焦って希望に合わない病院に転職したりせずに、柔軟に時期をずらして就職するのもありです。

可能であれば、1~2ヶ月早く入職できればベスト。病院側としても1月~3月は忙しい時期にも関わらず人手不足がピークとなるため、この時期に入職してもらえるのはとても有難かったりもします。

ただ、今の病院を3月末まで退職できないという看護師さんも多いことと思います。そんな場合は、転職先への入職を少し遅らせて、5月~6月頃に入職するのも良いですよ。この時期は4月の新入職の対応がひと段落し、気候的にも過ごしやすいので患者も少なく、病棟も落ち着いています。なので、中途入職者のフォローができる余裕ができていたりするわけです。

3末で退職して、1~2ヶ月ゆっくりリフレッシュしても良いですし、今の病院の退職を数ヶ月遅らせて夏のボーナスをもらってから転職でも遅くないですよ。

▼ 関連記事 ▼

以上、看護師さんの賢い転職のしかた・就活の方法でした。
繰り返しますが、転職活動は早めに行動し、焦らず慎重に活動して下さいね。